スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
メールのお返事です
2010/11/16(Tue)
メールフォームからメールくださったNさんへお返事です。
こちらでお返事させていただきます。


はじめまして。
メールありがとうございます。

そんなレポも見ましたが、私の席からは、血がにじんでいたかどうかは確認できませんでした。

でも二の腕とか赤くなっていたし、かなりもみくちゃになっていたので、引っかき傷くらいは出来ていたと思います。

正直、アリーナから見ててかなり心配でした。
最初の頃は歌いながら光ちゃんのほうから手だしてタッチしてる感じでしたが、通路まで押し寄せてくる人も多くなり、途中からは何度も止まって、歌もとぎれとぎれになっていました。
抱きついてスタッフに引き剥がされてる人も何人も・・・
ステージに戻ったときに
「無事 生還」って言った後に、
「俺、ココ行けるのか~?って思った」って言ってました。
そう思われちゃったのは少し残念。
もう少しちゃんとマナー守ってたら、走りに抜けることなくあのままタッチしながらまわってくれたのかな・・・


でもね、きっと光ちゃんの中では想定内だったと思うんですよ。
それでもスタンドのファンの近くに行きたいって思ってくれたことが嬉しい。
それだけのパワーがあのオーラスにはあったんだと思うんです。

それにね、光ちゃんがスタンドでもみくちゃになってるとき、ステージでMAが超心配してて(笑)
ステージの端までお迎えにいって、スタンドから戻る光ちゃんに手差し伸べてたの。

手をとってステージに戻った光ちゃんの笑顔がすごくキラキラしてて。
充実感 満載な素敵な笑顔。

実はお友達と、コンサート始まる前にお茶しながら、
「最近光ちゃんファンにタッチしなくなったよね・・
やっぱり危ないから止められてるのかな?寂しいね」
って話してたの。
・・・で、その後のコンサートであの触れ合いでしょ。
だからすごーく嬉しかった。
このサプライズがスタッフちゃんも知ってたのか、光ちゃんの思いつきのサプライズなのか、それは私にはわからないです。

これからも、スタッフちゃんが心配しないで光ちゃんとの触れ合いができる演出してもらえるように、ファンもマナー守らなきゃね。

そう、私はおもいます。







この記事のURL | 堂本光一さん | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。